【つまらない発言から考える】楽しい学童をつくるために必要な要素

子どもへの対応
☑悩み
・子どもにとって楽しい学童を作りたい
・子どもから「学童はつまらない」といわれる

 

学童にいると、
たまにこんな声が聞こえてきます

『学童おもんね〜』

『家でゲームしたーい』

 

学童の先生方、どうでしょうか??
このような声聞こえてくるときありますよね

 

先生としては、安全に預かろうと日々精一杯頑張っているのに、
こんな声聞こえてきたら

どよーーんと気分が下がってしまう。。

こんな時、
どうすればいいのか、、
についてのお話

結論から言うと

【子どもができることの選択肢を増やす】

です

 

今回は、
子どもの発言の理由を考え、その原因をもとにどんな対処法が
できるか考えていきます

 

☑書いている人
ふーさん
・放課後児童支援員
・学童歴6年目
・子どもの居場所として楽しめる学童をつくりたい

 

スポンサーリンク

子どもの発言を考えてみる

よく聞くのが
「学童おもんない」という発言

悲しそうにブランコに乗る女の子のイラスト

この発言をひもとくと

学童おもんない=やる事がない、飽きた、おもしろくない、家の方が楽しい

だと思います。

これを改善したいところ。。

原因は何でしょうか?

以下の事が考えられます

・学童に楽しめる遊びがない
・支援員からいつもかまってもらえてない

学童の支援員としては
楽しんで過ごしてほしいですよね

これを改善させるためには
どのような方法があるでしょうか

私が、オススメする方法を2つ提案します

遊びの選択肢を増やす

具体的には、色々な遊びを用意するという事です

学童にはさまざまな子がいて
あたりまえのようにその子それぞれに
好き嫌い、得意、苦手があります

「つまらない!」となってしまうのは
自分の嫌いな遊びや
楽しいと思えない遊びがあるからだと思います

正直、、
すべての子どもに楽しいと思える遊びを提供するのは
難しいですよね。。

お金もスペースも人手も足りないし。。。

 

そんな時は
みんなで遊べるあそびをやってみるといいかもしれません

家ではたくさんの人数がいるわけではないので
学童ならではの大人数という特性を活かしてたのしい
あそびができたらいいですね

子どもが交流するきっかけにもなります

オススメのあそびは【じゃんけん列車】です
他にもオススメの遊びあるので動画ご覧ください~

 

低学年だと特に遊びたい年頃なので
遊びの種類がたくさんあるとたのしいですね♪

 

でも、学童ベテランの高学年は
遊びの選択肢を増やすだけでは難しい。。。

 

お手伝いの選択肢をふやす

高学年は遊びよりも役割を与えてあげるといいと思います

 

3年生、4年生にもなるとできることが増えてきます
下の学年の面倒をみたり、掃除ができるようになったりなどなど

 

通いなれている学童で
役割を与えてあげると自分たちの居場所だという自覚が生まれると思います

 

学童は子どもが安心して過ごせる居場所であるべきだとおもいます

 

子どもには安心できる居場所が必要です

 

家でも学校でも学童でもどこでもいいです
安心できる場所がたくさんあればあるほどいいですね

 

その中で
子どもたちに役割があると、どことなく認められる感じがして、
高学年にとっては過ごしやすい場所になると思います

 

まとめ

『学童つまんね〜』
そんな声ききたくないですが、
そんな声が聞こえてくるということは
どこか変化しないといけない部分があるんだと
プラスにとらえて
支援員全員で工夫していきましょう
いつも応援クリックありがとう

にほんブログ村 子育てブログ 学童保育へ
にほんブログ村

 

 

↓この話題にオススメの本こちら

 

 

スポンサーリンク

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました