【子どもの成長につながる】喧嘩する子供に対しての大人の対処法

子どもへの対応
この記事はこんな方にオススメ☆
・興奮した子どもの対処法に悩んでいる方
・癇癪おこす子の関わり方を知りたい方
どーも!
学童支援員のふーさんと申します。
学童歴6年目で今まで300人以上の子どもと関わってきました

 

今回お届けするのは、
子どもが泣き出したり怒り出すなど、
パニックになったときや癇癪をおこしたときの大人の対応について
書いていきます。

 

学童にいると様々な場面に遭遇します。
突然泣き出したり、怒りだしたり。。

そのような状態の子どもをみると
大人は焦ってしまいどのように対応すればいいか
困ってしまいます

 

この記事を読んで
興奮した子への対処法を知れば
焦らずに対応できるようになります

流れに沿って説明します

 

ある子どもが興奮し怒りだしました
さっきまで仲良く友達と遊んでいたはずなのに。。。

なぜ怒っているのか理由を知りたかったですが
理由を教えてくれません

あなたならどうしますか?

 

 

スポンサーリンク

大人は冷静になる

怒っている子どもからすれば安心したくて
大人を頼っているはずです

そんな大人が冷静でなく同じように泣いてしまったりしてしまうのは
あまりよくないのかなと思います。

 

大人は子どもにとって心のよりどころ
なっていると思います

 

心のよりどころが揺れていたら
子どもは不安になりもっと
興奮してしまいます

 

とにかく大人は冷静になりましょう

落ち着くアマビエのイラスト

 

落ち着くまで待つ

つぎにどうすればよいか?

それはとにかくその子が落ち着くまで待つ、これです。
泣いたり怒ったりと感情がでてくるのは理由があります。

 

どんな理由があるか、大人としては気になるところですが、
【どんな事があったの?】と聞くよりも

 

まずは落ち着くまで待ってあげましょう。

「ここでまってね!」のイラスト文字(足跡)

 

興奮状態に話を聞いても子どもはしんどくて
話したくても話せる状態ではありません

 

さらにポイントは子どもが落ち着けるように
切り替えやすい環境を作ってあげる事です
以前、このような事がありました

 

学童で子どもが興奮し怒りだしました。
なぜ、怒ったか理由が知りたかったですが、
周りに危険がないかを確認して落ち着くまで待ちました。その子は怒りを発散するために本を破ろうとしましたが、
それはさすがにやめてほしいと思ったのでいらないチラシを渡しました。すると、その子はそのチラシを細かくちぎりまくり、
それが面白かったのか徐々に笑顔になり、何があったのか理由を聞きました。

 

気持ちを切り替えやすいようにしてあげると
喧嘩の解決につながりやすいですね

 

原因を一緒に考える

子供も冷静になったら
なんで怒っていたのか聞き取りをしましょう

 

この時のポイントは
子供にとにかく寄り添い共感をするということ

子供は話を聞いてくることで
安心します

 

気持ちを落ち着かせるためにも

共感して対応しましょう

 

結局その子が怒りだした原因は普段から友達に
嫌なことを言われて
それが積もり積もって怒ったという事でした「辛かったねー、嫌だったね。。
 話してくれてありがとう」その後は、友達とはしっかり話し合い、   仲直りし楽しく遊びに戻っていきました
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

まとめ

いかがだったでしょうか、

興奮状態の子どもに話しかけても解決はしません
重要なのは子供の気持ちに寄り添って対応することです今回は片方が嫌なことをしているパターンでしたが
両者の話を聞くと2人とも嫌なことをしているパターンもあるので
裁判官のような気持ちで対応してあげましょう
そして、
最終的なゴールは子ども同士で解決できるようになることです
低学年の内は難しいですが
徐々に子ども同士で解決できるように
大人は最終手段となるように
ギリギリまで見守ってあげましょう
暴力をしだす
関係ない子にまで危害を加えるように
なったら大人が対応するようにして
いければいいですね
読んでいただきありがとうございました!

こちらをクリック
↓↓


学童保育・児童クラブランキング

 

スポンサーリンク

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました