【学童の先生おすすめ】 親子でおうち時間を楽しもう、こんな遊びどうですか?

おうち時間
☑悩み
おうち時間の過ごし方を知りたい

 

スポンサーリンク

 

☑本記事の内容
〇親子で楽しめる遊びを紹介
〇実際にやった子どもの反応を記載

 

☑書いている人
ふーさん
放課後児童支援員
学童歴6年目
小学生の子育てに関して発信中

 

おうちで過ごすことが増えてきた中で

子どもを飽きさせたくないと思う保護者も多いはず。。
今回は親子で楽しめる簡単室内遊び5選をお届けします

同時に、実際にやった子どもの反応を記載しているので
参考にしてみてください

ゲームやYouTubeに夢中な子どももきっと楽しめます

 

スポンサーリンク

ゲームをやりすぎると。。

ゲーム障害は、ゲームに熱中し、利用時間などを自分でコントロールできなくなり、日常生活に支障が出る病気です。WHO(世界保健機関)では新たな病気として2019年5月に国際疾病分類に加えました。

ゲーム障害の患者数は、はっきりとわかっていませんが、厚生労働省の調査では、「ネット依存」が疑われる人は成人で推定約421万人、中高生で約93万人(2017年)いると推定されています。また、久里浜医療センターを2016年~17年に受診した人のうち、ネット依存の約90%がゲーム障害でした。

(引用:やめられない怖い依存症!ゲーム障害はひきこもりの原因にも 治療法について | NHK健康チャンネル

 

ゲームをすることが悪いことではありませんが

時間を決めずにだらだらさせてしまうとゲーム障害に繋がってしまうわけです

メリハリをつけてゲームはやらせましょう

そんなメリハリのきっかけとして
親子で楽しめる室内遊びを紹介します

参考にしてみてください

新聞じゃんけん

新聞折込チラシのイラスト

必要な物

新聞紙

 

やり方

新聞を広げ、その上に立つ
(新聞はひとり一枚)

じゃんけんをし、負けたら半分におる

これを繰り返し
新聞の上から落ちたら負け

 

実際にやった子どもの反応

〇新聞に滑りそうになったので裸足がおすすめ

〇はしゃぎすぎて新聞が破れてしまった

〇負けそうになると無理やり折ろうとするため、転倒しやすい

〇勝ち負けがつくので、勝っても負けた人を煽らないように事前に注意

 

新聞文字探し

学級新聞のイラスト

必要なもの

新聞紙、画用紙、鉛筆

 

やり方

ひとり一枚新聞を広げる

制限時間を決める

指定された文字がつく言葉を探し
見つけたら画用紙に書き写す
例)【さ】がつく言葉を探そう、【木】がつく言葉を探そう


制限時間内に多く見つけられた人の勝ち

 

実際にやった子どもの反応

〇年齢によって言葉の難易度をかえると楽しめる

〇新しい言葉を知り、語彙力や好奇心が深まる

〇制限時間を調整するとより楽しめる

 

世界に一つだけ段ボールパズル

パズルを組み合わせる人たちのイラスト

必要な物

段ボール、画用紙,カッター、ペン、色鉛筆

やり方

段ボールの大きさに合わせて画用紙を切る

画用紙に好きな絵を描く

段ボールにはりつけ

画用紙にパズルのピースの枠線を書く

枠線通りに切り取り、完成

 

実際にやった子どもの反応

〇段ボールを切り取る作業が難しいので、大人と一緒にやる

〇細かすぎると難しいので、大きめのピースを意識する

絵を大きく書く方がより楽しめる

 

おすすめ動画

 

スポンサーリンク

 

 

オリジナル缶バッジづくり

キャラクターの描かれた缶バッジのイラスト(カバー付き)

必要な物

缶バッジキット、紙、ppテープ

やり方

缶バッジの大きさで紙に円をかく

円の中に好きな絵を描く

円より少し大きめに切り取る

缶バッジに貼り付け、上からppテープをはり
完成

 

実際にやった子どもの反応

非日常体験のため子どもはとても喜んでいた

〇大きめに切り取ることを忘れてしまうの注意

〇ppテープは難しいので丁寧に固定

 

おすすめ動画

 

スライムづくり

スライムのイラスト(キャラクター)

必要な物

水、片栗粉、ボウル

 

やり方

ボウルに片栗粉を入れる

片栗粉が2、水が1になる割合で水を少しずつ入れる

固まったら完成!

 

実際にやった子どもの反応

〇よく伸びるのでその現象で子どもが喜ぶ

髪の毛についたら終わりなので、紙が長い人は束ねる

〇絵具を使うといろんな色になるので楽しめます

〇乾くとカチカチになるので入れ物を事前に用意

 

まとめ

いかがでしたか

おうち時間が多いですが

なるべく楽しく過ごしたいですね

親子でコミュニケーションを増やし
子どもの健全な育成につなげたいです

これを機会に、子どもの得意分野や興味関心を探ってみると
意外な発見があるかもしれません

ぜひ試してみてください

 

いつも応援クリックありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました