学童や保育に関わる先生方、お疲れ様です!忙しい4月を乗り越える3つのポイント

子どもへの対応
 
どーも! 学童支援員のふーさんと申します。 学童歴6年目で今まで300人以上の子どもと関わってきました

新年度始まりました、

本当にお疲れ様です

たぶん1年で1番忙しいこの4月

新しい1年生が入ってきて
入学式まではこのバタバタが続く感じですね

頑張って乗り越えましょう

ガッツポーズのイラスト(会社員)

 

そんなこんなで

この4月に学童の先生が意識するべき
ポイント3つあげました

 

暇な時間。。あれば。。

読んでください

 

スポンサーリンク

保護者との関係性を作る

この4月
入学ほやほやの新1年生は
不安でいっぱいです

そして、その保護者の方々も不安でいっぱい

学童に通わせている保護者の方々は

お仕事の方も忙しいと思います

そんな中でやっぱり
子どもの様子が気になります

心配している人のイラスト(女性)

学童に慣れていない中で
どうやって過ごしているのか
楽しく過ごしているのかなど

気になることはたくさんあります

・笑顔で対応
(保護者からも話かけやすいように)
笑顔で向き合う人たちのイラスト(男性と男性)

・子どもの様子を丁寧に伝える
(うれしいこと、感動したこと、困ったことなど)
本を読んでいる子どもたちのイラスト
 

ひとつひとつ、焦らずに対応しましょう


もっと深く知りたい方は
こちら↓

ルールの定着、指示は端的に!

新一年生はほぼ保育園の子のようなもの

特に春休み中の入学式前は。。

慣れていない子どもたちは
たくさんのことを指示されたりすると

理解が難しく、困ってしまいます
困る男性のイラスト

 

それを改善するためには

1日1つテーマを持たせてあげることです

たとえば
朝の会など全体に伝える場面では

『今日は片付けを頑張ろう!
使ったおもちゃや道具は元にあったところに
戻しましょう』

などテーマを持たせてあげる

おもちゃを片付けている子供のイラスト

自分でどのように行動すれば良いか明確になります

子どもに寄り添っていきたいですね

 

もっと深く知りたい方は
こちら↓

 

職員間の連携を密に

忙しい時こそ連携です

連携ミスがあると

保護者に間違った情報が伝わってしまったり、

子どもを困らせてしまったりと
よくないことばかり。。

まずは、冷静になって

今何をするべきか、優先事項はなにかを考え

他の先生とコミュニケーションを取りましょう

ポイントは2つ

 

責任の所在を明らかにする


誰かがやってくれるから。。
誰に任せたっけ?
など責任が誰かわからない行動は危険です

『○○さん、お願いします!』と
名前をつけて指示すると

頼まれた先生も指示が明確で
作業に取り組みやすいと思います

 

 

メモ!をとる


忙しいとなにをするべきなのか忘れます

別に年のせいじゃないです!

よくあるのが、
急ぎの作業中
子どもが急にやってきて。。
『折り紙、教えて』
みたいなことを言ってきます

別にかわいいからいいんですけど。。笑

忙しい時はちょっと別、、

そんなやりとりをしている時にまた
別の作業ができたり。。

あれ?今なにせなあかんのー?となったら

やばい。。

だから、
これくらい覚えられるー♪
と思っていてもメモを欠かさずに!!
しましょう

クリップボードに書き込む人のイラスト(男性会社員)

 

もっと深く知りたい方は
こちら↓

最後に

忙しい4月

家に帰って冷静に。。

休む時はしっかり休んで

怪我なく乗り越えましょうー!!

いつも、お疲れ様です!!

小学生を子どもにもつ忙しい保護者の方や 学童で働かれている方に向けて ブログ以外にもYouTubeやnoteにて情報を発信しています

https://www.youtube.com/channel/UCNH9mqAgLCOVYyOp7wbzxMQ  

 

ふーさん@学童クリエイター×読書×個人事業|note
現役の学童の先生 子どもが安心安全に過ごせる居場所作りに奮闘中/個人で稼ぐために何が必要なのか挑戦しながら情報を発信中

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました