宿題が終わらない小学生への簡単な対処法 【学童で試した】

学童・子育て
困っている
困っている

宿題がなかなか始まらず。。
始まっても全然進まない。。

 

 

夏休みなどの長期休みに
自分で宿題に取り組む子がほとんどです

 
 
しかし、子どもによってはなかなか集中できずに
10分で終わるはずなのに30分以上かかってしまう事も

 
 
 
一緒に宿題を見てあげますが
本人もやる気がおきずに、結局寝る直前にあわてて

やるなんてこともあると思います私は学童で働いていますが
学童でも宿題をやり続けて、
おやつの時間になっても終わらない子がいます

 
ひらがなを書くだけなのに、
なぜこんなにも集中できないのか。。と思いますが、
この状況を何とかしたいと思い、

 

学童である方法を試したら
早くできるようになりました

 
 
今回は、
宿題に集中できない原因を考え
学童で試したある方法についてお伝えします

 
 

それでは、早速みていきましょう

 
 

 

 

 
☑書いている人

 
 
 
スポンサーリンク

集中できない原因

 

宿題に集中できない原因はたくさんあると思いますが
今回は、時間感覚について書いていきます

 

 

低学年は時間の概念がない

 

「あと10分で宿題の時間おわるよ!」といっても
宿題をしている子は慌てる様子もない

 

 

そんなときに、低学年には時間感覚がないのか。。と思いました

 

 

確かに、
学校で時計の事をしっかり習うのは1年生の後半ごろ

 

 

それを実生活に置き換えて役立てるためには
時間がかかります

 

 

なので1,2年生には
「あと10分で宿題の時間おわるよ!」といっても通用しない。。

 

 

中には、習い事や先取り学習で勉強している子もいますが

大半の子が時間感覚がわからないわけです

 

 

時間感覚が分かれば
自分でペースを考えて宿題に取り組め
集中して宿題できるきっかけになります

 

 

 

 

あと○○分だよ!というのをやめた

 

時間感覚がない子に
「あと○○分だよ」
と言っても通用しないのでやり方を変えました

 

それは【時間の見える化】です

 

時間は目に見えない物で
時計がないと大人でも困ります

 

そこで時間がみえるように
時計を利用して
「長い針が6までがんばろう。」と言ってみると

子どもたちは集中して取り組むようになりました

時計のイラスト

しかし、
それでも集中して取り組めない子たちがいて

 

 

時計をまだ理解できていない子にとっては
その方法も難しいようでした

 

 

学童の先生としては
宿題だけでなく、遊びや掃除など
あらゆる場面で時間感覚は
みにつけてほしいと思ったので

 

ある方法を導入しました

 

スポンサーリンク

 

 

学童で試した方法

タイムタイマーを使う

 

みなさんタイムタイマーはご存知でしょうか?

 

 

このアイテムは時計のような形ですが
目に見えるタイマーです

 

 

 

まさに「時間の見える化」ができるわけです

 

 

これなら時間感覚がない子も
残り時間がわかるので
集中して宿題に取り組めるようになります

 

夏休みの宿題をやる男の子のイラスト

 

やり方も簡単なので
子どもが自分でセットすることができます

 

療育の現場でも使われているようです

 

 
 

 
 
 
 

まとめ

 

いかがでしたか

宿題に集中できない
理由はたくさんありますが

今回は、時間に焦点をあててかいてみました

 

低学年から時間感覚がわかるように
なると高学年になってからも非常に楽になります

 

ぜひ試してみてください

 

 

いつも応援クリックありがとう
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 学童保育へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました