【将来が不安】自己主張ができない子供の理由と親ができる日常の関わり

学童・子育て
困っている
困っている

自己主張ができずに
自分の言いたいことを我慢してしまう
もっと自分の言葉で伝えてほしい
このまま育ってしまうのは。。。

 

今回はこんな悩みを解消します

 

☑本記事の内容
・自己主張ができない理由を3つ紹介
・自己主張ができるように普段からどのような声掛けが必要なのか
 
 
 

☑書いている人

 

自分の子が自己主張できないのは将来が不安になりますよね

 

今の時代、個人の意見が大切にされていますが
自己主張ができない子は心配になります

 

学童でもそのような子はたくさんいます

時間が経つにつれ自己主張できるようになりますが

なかなかできない子がいます

 

 

そんな子に対しては
なぜ自己主張をできないのかを考えて
それによった対応を心がけています

 

自己主張できないのは気持ちの問題が大きく
時間がかかりますが根気よく対応してあげる事が必要になります

 

 

なるべく、低学年のうちに自己主張できるようになればいいなと
考えながら対応しています

 

 

 

この記事では自己主張できるようになるための方法を
解説します

 

 

ぜひ、参考にしてみてください

 

 

スポンサーリンク

自己主張できない理由

考える時間がかかる

 

自分の言いたい事はぼやっとしているけど
すぐに言葉にすることができない子

 

小学校など集団で過ごすことが多くなると自分の意見を

流れのタイミングの中で言わなければいけません

 

このような考えることに時間がかかると
周りに置いていかれ自信がなくなり
自己主張がうまくできなくなります

 

 

 

自分の言葉で伝える経験が少ない

 

自分の言葉で伝える経験が少ないと
どのように考えて自己主張すればいいのかわからなくなります

 

 

普段から
保護者が子どもに意見を聞かずに
なんでも決めてしまうと

 

 

自分はどうしたいのかを伝える経験が少なくなります
その結果、自己主張が苦手になる傾向があります

 

 

 

言葉を知らない

 

自分の意見や感情を伝えるときには
言葉が必要になります

 

 

そのような時に
言葉や表現方法を知らないと厳しくなります

 

 

 

言葉をたくさん知っておけば
レパートリーが増えて、自己主張のハードルが低くなります

 

 

 

スポンサーリンク

 

自己主張するためにできる関わり

待ってあげる

自分の意見を考えるために時間がかかることは
待ってあげましょう

 

 

毎日、家事や育児で忙しいかもしれませんが
これも育児の一環として対応してあげましょう

 

学校などの集団では待ってくれる機会が少ないです

 

その子が自信を無くしてしまう前に

 

お家では待ってあげて

自分の考えを伝える習慣をつけさせましょう

 

 

 

初めは時間がかかってしまうかもしれませんが
この作業を繰り返すとすぐにできるようになります

 

 

 

自分で決める場面をつくる

日常の中で
自分で選択する場面をつくり、自分の考えを持つ癖をつけさせましょう

 

 

自分の考えをもつことは自己主張することに直結します

 

 

例)
洋服はいつもママが決めている
↓↓↓
選択肢を与えてどの洋服がいいか子どもに決めさせる

「宿題しなさい!」と怒る
↓↓↓
いつ宿題をするのか子どもに決めさせる

 
 
 
日常から子どもに決定権を持たせることが
自己主張につながります
 
 

読書の機会を増やす

読書は語彙力が増えるので
言葉をあまり知らない子には最適の行動になります

 

 

言葉を知ることは自分の表現のバリエーションが増えるので
自己主張につながります

 

 

読書が苦手な子は読み聞かせでもかまいません
下記に読み聞かせの効果についてまとめています

 

 

 

 

 

また、最近では子ども新聞というものがあります

 

子ども新聞は世の中の出来事をまとめているので
より語彙力が増え会話がふえます

 

 

 

語彙力、会話で子どもの自己主張を引き出しましょう

 

 

まとめ

 

いかがでしょうか

 

自己主張ができないのは
自分の意見をもつ経験が少ないという大きな理由がありました

 

大人がやった方が早く済むかもしれませんが
子どもに決定権を持たせて
普段から自分の意見を持たせるような経験をさせてあげましょう

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました